トップページ > 奨励賞

奨励賞

学会奨励賞候補作品の募集について

2015年度学会奨励賞候補作品の推薦(自薦も含む)を、下記の要領で承ります。
なお、推薦された候補作品は審査委員会で審査の上、受賞者は秋の総会で表彰いたします。

  1. 対象作品:2014年(1月から12月)に公刊された著作および論文
  2. 著者・筆者の年齢:当該著書・論文公刊時に40歳未満の会員
  3. 受賞者数:原則として1名
  4. 締め切り:2015年5月31日
  5. 推薦の宛先:〒047-8501 北海道小樽市緑3丁目5-21
    小樽商科大学商学部 片桐研究室気付 日本社会保障法学会事務局

奨励賞受賞者

2014年度

永野仁美『障害者の雇用と所得保障−フランス法を手がかりとした基 礎的考察−』(信山社、2013年)

第五回奨励賞(2008年度)

笠木映里会員「公的医療保険の給付範囲(1)〜(6・完)―比較法を手がかりとした基礎的考察」
法学協会雑誌123巻12号、124巻1号、124巻2号、124巻4号、124巻5号、124巻6号

福島豪会員「ドイツ障害年金の法的構造(1)〜(3・完)―障害保障と失業保障の交錯」
法学雑誌53巻1号、53巻2号、53巻3号

第四回奨励賞(2005年度)

嵩さやか会員「年金制度と国家の役割(1)〜(6・完)」
法学協会雑誌119巻12号、120巻6号、120巻7号、120巻8号、121巻7号、121巻8号

嶋田佳広会員「ドイツ連邦社会扶助法上の住居費実費支給原則(1)〜(3・完)」
大阪市立大学法学雑誌50巻2号、50巻3号、50巻4号

第三回奨励賞(2004年度)

中野妙子会員「疾病時所得保障制度の理念と構造(1)〜(3・完)」
法学協会雑誌120巻4号、120巻9号、120巻10号

第二回奨励賞(2003年度)

稲森公嘉会員「フランスにおける開業医の医療遂行への諸規律(1)〜(6・完)―自由な医療と疾病保険制度の相剋と調整」
京都大学法学会法学論叢151巻1号〜6号

第一回奨励賞(1999年度)

菊池馨実会員『年金保険の基本構造』
北海道大学図書刊行会

ページトップへ戻る